2021年2月28日

青空は広がりたれど梅一輪咲かするのみの暖かさなり

210228w

我が家の梅が昨日一輪だけ咲き、今日はもう少し開くかと思っていたが、思いのほか寒い日となったためか、あまり変わらない。

先週初めまで暖かい日が続き、後半に冷え込んだのが、梅の開花にとってはブレーキとして作用してしまったのかもしれない。明日は暖かくなるらしいので、もう少し咲くだろう。

 

| | コメント (0)

2021年2月27日

十五夜の月も真ん丸にはあらず細かき変化輪郭にあり

Dscn0686

今日は我が家の庭の梅がようやく一輪だけ咲いたので、写真を撮り、このブログに使おうと思っていた。

しかし夜になってから見事な満月が昇ったので、急遽こっちのどアップ写真に切り替えた。梅は、明日になればもう少しきれいに咲くだろうから、あせることはない。

月もどアップだと、輪郭に山並みのような凹凸が見えておもしろい。

 

| | コメント (0)

2021年2月26日

膨らめる梅の蕾の割れ目より薄桃色の花びらの見ゆ

210226w

4日前ぐらいまで暖かい春の陽気が続いて、さしもの遅咲きの我が家の梅も蕾が膨らんできたと思っていたのだが、この 3日間は急に北風に変わって足踏みが続いていた。

ところが今日は少しは蕾の先が割れてきて、ピンクの花びらが覗いている。蕾のうちはこんなにピンクなのに、咲いてしまうと白梅になってしまう。不思議なものだ。

 

| | コメント (0)

2021年2月25日

陽は落ちて向かふ岸なる県道をテールランプの赤く去り行く

210225w

今日は月末が近いので銀行めぐりなどをしているうちにあっという間に日が暮れてしまった。昨日よりは風が冷たくなくて、助かった。

川向こうの県道を、取手方面に向かうクルマのテールランプが赤い。

 

| | コメント (0)

2021年2月24日

木枯らしの吹く青空に白く浮く月をかすめる飛行機雲よ

2110224w

木枯らしが顔に冷たく吹き付ける一日だった。夕方前の青空に白い月が浮かび、それをかすめて飛行機雲が何本も走っていた。

 

| | コメント (0)

2021年2月23日

風向きの北に変はりて川面にははつきりとした波紋刻まる

210223w

昨日までは暖かい南風が続いたが、今日は北風。気温はいつもの 2月下旬より高めだが、これまでが暖かすぎたので、外に出ると顔が冷たいほどに感じる。

川面に波紋が深く刻まれている。

 

| | コメント (0)

2021年2月22日

地表より立ち昇りたる水蒸気筑波の峰を隠しゐるなり

210222w

今日は 連休前ぐらいを思わせるような暖かさだった。

昨日「水蒸気色の濃くなる空見上げ〜」という歌を詠んだが、今日の水蒸気はさらに濃く立ち昇っている。そのため空は一応青空なのに、いつもは北の方角に見えている筑波山が見えない。

ところが明日の午後からはまた冬の寒さが戻るというのだから、油断できない

 

| | コメント (0)

«水蒸気色の濃くなる空見上げ沈まれる田も代掻きを待つ