2021年1月26日

足許の地球の廻るスピードで陽はぐいぐいと昇りくるなり

210126_20210126155701

昨日は月の写真で、今日は日の出の写真である。東の空が明るくなり始め、太陽の上の部分が僅かに顔を見せ始めた時から注目していたが、見る間に昇りきってしまった。

「日の昇るスピードとは大したものだなあ!」と思ったが、よく考えれば、これは地球の自転のスピードだ。地球の自転というのは何しろ 24時間で 1周してしまうのだから、凄いスピードである。

 

| | コメント (0)

2021年1月25日

冬晴れの夕空に浮く陰影は月齢十一・九の月

210125w

午後 5時前に東の空高く月が出ていたので、今日は iPhone ではなく、コンパクトカメラで望遠を一杯に効かせたところ、結構きれいに撮れた。

今日の月齢は 11.9。明日は 12.9 で、いわゆる「十三夜月」になるようだが、午後から曇るという予報なので、今日の月を「十三夜月に近い月」としてアップしておく。

 

| | コメント (0)

2021年1月24日

降雪もあるとの予報当たらずに空はだんだん高くなりゆく

210124w

雪になるかもしれないという予報だったが、どうやら午前中の雨だけで済んだようだ。

クルマのタイヤはスタッドレスに履き替えたので、雪はドンと来いというつもりだが、まあ、降らないに越したことはない。

 

| | コメント (0)

2021年1月23日

ぎらぎらととヘッドライトを映し込む今年初めて濡れたる路面

210123w

本当に久しぶりの、本格的な雨降りとなった。濡れた路面に街灯や信号、車のヘッドライトが映り込むのを見るなんて、今年になって初めてだと思う。

 

| | コメント (0)

2021年1月22日

冬用のタイヤに替えて二日後に降るかも知れぬ雪を待つなり

210122w

今日は一日青空だったが、明日から天気が崩れるらしい。

日曜日は平地でも雪が降るかもしれないというので、今日はスタッドレス・タイヤに履き替えた。

 

| | コメント (0)

2021年1月21日

冬の日は凍ゆる夜の明けてより青空のまま暮れて行くなり

210121w

今日は夜明け前はひどく寒かったが、日中は陽射しが暖かいとさえ感じられた。

下旬は月末にかけて曇りがちになるが、冷え込みはそれほどでもないようだ。ただ、油断はならない。

 

| | コメント (2)

2021年1月20日

昇り来る朝日に映えて白雪に朱み加ふる日光の山

210120w

昨日から冷たい風が吹き荒れていたので、今朝は北の方角に日光の山々がはっきりと見渡せた。雪が朝日に輝いて朱みまで帯び、あまりにきれいなので、iPhone ではなく、20倍までの望遠撮影の可能なコンパクト・カメラを引っ張り出して撮影した。

左が男体山で、その右側が女峰山だろう。写真では鉄塔と電線が邪魔だが、仕方がない。

 

| | コメント (2)

«耳を千切るほどの木枯らし吹く川に乱反射する冬の陽射しよ