2023年1月29日

青空は広がりをれど鴨たちは寒風避けて枯草の陰

230129w

今日も昨日同様に青空が広がったが、風は冷たいままだった。

川面ではカモたちが風を避けるために枯草の陰で身を潜めている。

 

| | コメント (0)

2023年1月28日

板東の土手に降りたる白雪の解くる間際の眩しき光

230128w

昨夜は雪が降るとの予報が出ていたが、夜が明けて外を眺めると、確かに土手がうっすらと白くなっている。ただ、空は真っ青に晴れていたので、この雪も日陰以外ではすぐに解けてしまった。

これから来週にかけての天気予報では、この辺りは雪は降りそうにない。昨日せっかく冬用タイヤに換えたのだから、少しは降ってもいいのだが。

 

| | コメント (0)

2023年1月27日

冬用のタイヤに換えて帰宅せり夜には雪になると聞きせば

230127w

昨日はよく晴れたが、今日はあさからどんよりとして、今にも雪の降り出しそうな天気が続いた。日の暮れるまでに雪は降っていないが、夜の内に少し降るだろうとの予報が出ている。

さすがにクルマのタイヤをスタッドレスに換えたので、まあ、少しぐらい降っても大丈夫だろう。

 

| | コメント (0)

2023年1月26日

板東の空も明日には雨か雪降るてふ予報出されゐるなり

230126w

今日もかなりいい天気だった。明け方はかなり冷え込んだが、日が昇ってしまうと昨日より気温が上がり、冷たい北風も収まったので穏やかに感じられた。

明日の午後から崩れて雨になるという予報で、所によっては雪になるかもしれないという。雨で済んでくれればいいなあ。

 

| | コメント (0)

2023年1月25日

九州に雪降るまでの寒波とふつくばの地では空青けれど

210125w_20230125175501

日本中が大寒波に見舞われ、九州でも雪が降っているというのに、ここ、つくばの地は風は身を切るほど冷たいものの、空は青空のまま暮れようとしている。

もう 1月下旬ということで、だいぶ日没が遅くなった。写真は午後 4時過ぎの西の空だが、太陽がまだ地平のかなり上にある。先月の今ごろは、4時過ぎには太陽が西の地平線スレスレのところまで低くなっていた。

こうして日照時間が延びることで、だんだん春めいた陽気になってくれればありがたいのだが。

 

| | コメント (0)

2023年1月24日

鯉跳ねて虫捕らふらし水面に丸き波紋の二つありたり

230124w

今日は日本の多くの地域で大変な寒さになり、九州でも雪が降ったということだが、つくばの地はむしろ穏やかだった。

川土手を歩いている時、ポチャンと音がして振り向くと、水面に魚がジャンプした時にできる丸い波紋が 2つ重なっていた。多分コイが 2度跳ねたのだろう。水面を虫が飛ぶほど暖かかったということだろうか。

 

| | コメント (0)

2023年1月23日

朝方の雨は止めども雲厚く寒さはさらに続くものらし

230123w

朝から雨が降り出し、ずっと昼過ぎまで続いた。その後は雲の隙間から薄らと日が射すこともあったが、結局はずっと分厚い雲が晴れることがなく、寒い一日だった。

予報では明日も曇りがちで、午後からは雨か雪のふることもあるという。そして明後日はかなりの寒さになるらしい。覚悟しておこう。

 

| | コメント (0)

«北風の一服しては穏やかに暮れゆく冬の夕べなりけり