2020/08/11

真青なる空を映せる川面には風波立ちて白く輝く

200811_20200811203201

今日はものすごい暑さだった。近所の小貝川の土手に立つと、濃い青の空を映した川面が猛烈な陽光を反射してキラキラと輝いていた。

 

| | コメント (0)

2020/08/10

靴底の形にへこむアスファルト暑さの中で稲穂垂れゐる

200810_20200810171401

4日前にも稲の穂が垂れ始めて来たと書いたが、それに加速度がつきかけている。本当に早いところでは今月末から稲刈りが始まるのだが、この暑さはいつまで続くのだろう。季節感が錯綜してきた。

 

| | コメント (0)

2020/08/09

真夏日の夕陽は雲の西端を薄桃色に染め沈み行く

200809_20200809222301

梅雨明けは遅かったものの、明けてからはずっと真夏そのものの陽気である。夕暮れの空に浮かぶ雲の端を、沈みかけた陽が染めている。

 

| | コメント (0)

2020/08/08

盆休み初日となれど高速道のサービスエリアに人影まばら

Img_2358

今日は所用のため、久しぶりで茨城県中央部(水戸近辺)にまで行った。写真は常磐道の友部サービスエリアの様子。連休とお盆休みの初日というのに、驚くほど空いている。

 

| | コメント (0)

2020/08/07

向日葵といふ花は時に日輪に背を向けて咲くこともあるなり

200807w

ヒマワリという花は太陽の動きを追って咲くのでその名が付いたと言われるが、それはどうもガセネタのようである。この写真のように、逆光補正をしてようやく黄色の花びらがわかるという咲き方があるのだから、それは明白だ。

 

| | コメント (0)

2020/08/06

田の稲は未だ緑のままなれど穂の垂れ始めゐるに驚く

200806_20200806224701

ふと気づいてみると、近所の田んぼで稲の穂が垂れかけていた。今月末には、稲刈りも始まるだろうという時期になっている。

| | コメント (0)

2020/08/05

雲のなき中天近く昇れども朧のままの十五夜の月

200805w

今夜は満月。ただ、夜になっても気温と湿度が高いため、おぼろ月夜になっている。

 

| | コメント (0)

«真っ青に抜けたる如く晴れ渡る空の奥より日は射し来たり