2021年11月30日

日没を過ぎて半時経つ空に残れる青み深くなりゆく

211130w

日没を過ぎても、空は不思議に青みを残している。その青みがだんだんと深くなって、暗い夜空に変わる。

| | コメント (0)

2021年11月29日

パソコンの画面よりらふと目を離し既に日暮れし世界に気付く

211129

月末にいろいろな仕事の締め切りが集中するので、夢中で PC のキーを叩いているうちに、あっという間に日が暮れてしまっている。

川向こうの県道を、帰宅のクルマが次々に通り過ぎていく。

| | コメント (0)

2021年11月28日

屋根の影挟みて土手に白鷺と青鷺の二羽陽を浴びてゐる

211128w

小さくてわかりにくい写真だが、土手に映る屋根の影を挟んで、左側にシラサギ、右側にアオサギが日を浴びている。

アオサギは普段かなり慎重で、カメラを向けただけで飛び去ってしまうのだが、今日は日向ぼっこがよほど気持ちいいらしく、少しも動じなかった。

いよいよ関東の冬である。

 

| | コメント (0)

2021年11月27日

ハンドルを左に切れば右側に眩しき夕陽移りたるなり

211127w

朝からクルマで出かけ、夕方に戻ってきた。

途中、西の方角に走る時は、サングラスをしても沈む夕陽が眩しくて大変だったが、南方向に向きを変えてからは右側から照らされるようになって楽になった。

写真は赤信号で停まっている時にさっと写したもの。太陽がずいぶん大きく見える。

 

| | コメント (0)

2021年11月26日

この歳もまた今日といふ一日も追ひ付くこともならず過ぎ行く

211126w

いろいろ所用に終われているうちに、あっという間に日が暮れてしまった。

思えば今年もあと 1ヶ月と 5日しか残っていないが、この時期に時の経つのが早く感じてしまうのは、日の暮れるのが早いということとも関係があるんじゃなかろうか。

1日も 1年も、本当にあっという間に過ぎてしまう。

 

| | コメント (0)

2021年11月25日

田の道で自転車を漕ぐ西空に冬の日ははや傾きてあり

211125w

あまり天気がいいので、クルマではなく自転車であちこちの用足しに廻って、30km ぐらい走った。帰路についたのは午後 4時前だが、既に日はかなり傾いていた。

どんなにペダルを漕いでもほとんど汗をかかない。もう冬である。

 

| | コメント (0)

2021年11月24日

対岸の夕日を受くる県道で家路を急ぐ自動車の列

211124w

今朝は今期一番の冷え込みとなった。夜明け前に起き出して、掛け布団を一枚余計にかけたほどだ。

日中は日が射して暖かくなったが、夜明から明朝にかけてはまた冷え込むだろう。ようやく冬になったようだ。

川向こうの県道を、早くもヘッドライトを点けた車が次々に通り過ぎていく。家路を急ぎたくなる季節だ。

 

| | コメント (0)

«夕暮れの飛龍の如き黒雲に大気は渦とまさしく知りぬ