« 平成十五年師走 十九日に詠める歌 | トップページ | 平成十五年師走 二十一日に詠める歌 »

2003年12月20日

平成十五年師走 二十日に詠める歌

天気図に雪の印の多き朝 富士と筑波嶺二つ望めり

==========================

テレビの天気予報をみると、前日の予報通り低気圧が東に抜け、日本海は見事な 「タテジマ」 になっている。

北陸、東北の日本海側を中心に、軒並み 「雪だるま」 印が付いている。あぁ、田舎は雪かきが大変だなぁ。

自分の住む関東は、快晴。風も強いので、富士山と筑波山の両方が見事に見える。

田舎から出てきて、東京で最初の冬を過ごしたときは、「何で、冬にこんなに天気がいいんだぁっ!?」と驚いた。

逆に関東で育った人間は、冬の東北日本海側に来たら耐えられないだろう。

東北人は忍耐力があるなどとよく言われるが、東北にいる間は、そんなこともなかろうと思っていた。しかし、関東に出てきたら、「まんざら嘘でもない」と思えた。

東北では 「いい加減なヤツ」 でも、全国ベースでは、結構な 「頑張りやさん」 に位置づけられたりする。要するに比較の問題だ。

誇りを持てよ! 東北人!!

=============================

「故郷の雪は関東の晴れ」 とタイトルを付けたのだが、それは今日の朝のことで、
夕方を過ぎたら、関東北部でも雪になっているようだ。

それで、急遽「(今日は例外)」と付け加えた。

季節風が強すぎて、雪が山を越えてしまったらしい。道理で寒いと思った。

今回のはちょっとすごいな。

|

« 平成十五年師走 十九日に詠める歌 | トップページ | 平成十五年師走 二十一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十五年師走 十九日に詠める歌 | トップページ | 平成十五年師走 二十一日に詠める歌 »