« 平成十五年師走 十七日に詠める歌 | トップページ | 平成十五年師走 十九日に詠める歌 »

2003年12月18日

平成十五年師走 十八日に詠める歌

霜らしき霜てふものを見初めしは筑波の里に移れる歳か

=============================

朝起きると、階段の踊り場から見える刈田は一面の霜に覆われている。

考えてみると、こんなに見事な霜をみるようになったのは、筑波に引っ越してきて以来である。

庄内は冬になると季節風が強いので、あまり見事な霜は降りない。それに真冬になればどうせ雪がふるから、霜という感じではないのだ。

18歳で上京したが、都心や山の手辺りでは、都会化されすぎて、霜などというのはホンの一画にしか降りない。

だから、筑波に引っ越してきた最初の冬、「おぉ、霜というのはこれほどまでに見事なものか」 と感動した。

枯れ草色の田んぼ一面がまさに 「霜降り状」 に白くなっている。ふぅむ、なるほど、寒いわけだ。

今日は午後から都心にアポ。夜は忘年会。

帰りは夜中か、あるいは帰れなくなってしまうか。風任せだ。

|

« 平成十五年師走 十七日に詠める歌 | トップページ | 平成十五年師走 十九日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十五年師走 十七日に詠める歌 | トップページ | 平成十五年師走 十九日に詠める歌 »