« 平成十六年睦月 十六日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年睦月 十八日に詠める歌 »

2004年1月17日

平成十六年睦月 十七日に詠める歌

名古屋では明方に舞ひ箱根でも降り始めし雪ひたひたと来る

=================================

所用があって、水戸の先まで車ででかけた。カーラジオを付けっ放しにしているのだが、天気予報では昼過ぎから関東でも雪になるという。

太平洋の九州沖に発生した低気圧が、日本列島に沿って北上しつつあり、関西方面から雪になっているようだ。名古屋では明け方に雪が舞ったが、積もりはしなかったと言っていた。9時ごろには、箱根方面でも雪が降り始め、交通規制が出始めている。

昼過ぎから雪という関東だが、都心では既に午前中からちらほら降り始めているようだ。こうした雪は、海に近いほど振りやすいから、茨城方面ではまだだろうと思っていたが、昼過ぎに少し白いものの舞うのが見えた。それはすぐに止んで、まだ雲はそれほど低くない。

ラジオを聞いていると、日本の天気の変化が刻々と報じられ、頭の中の天気図が徐々に動いていく。関東の雪は今夜 9時過ぎが一番激しくなるというのだが、明日の朝は大丈夫だろうか。今年はタイヤチェーンを買っておいたのが正解だったかもしれない。

|

« 平成十六年睦月 十六日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年睦月 十八日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十六年睦月 十六日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年睦月 十八日に詠める歌 »