« 平成十六年如月 八日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年如月 十日に詠める歌 »

2004年2月 9日

平成十六年如月 九日に詠める歌

境目を際立たせをり日陰には枯草の上霜の残りて

=============================

040209w

今日は給湯器が凍るほどではなかったが、明け方は結構冷え込んだ。早朝は辺り一面霜の原である。

朝のウォーキングをしていると、日の当たり始めたところから見る間に霜が解けていく様は、昨日の歌で詠んでしまったので、今日は日の当たらないところに目が行った。

建物の影が長く引いて、いつまでも朝日の当たらない所は、まるで塗り分けたように霜が残っている。温度が上がれがすぐに霜は融け
、上がらなければ融け残る。自然というのは正直なものである。日向と日陰の境界線は見事に際だっている。

近所の空き地で、なにやら大きな工事が始まった。そこは以前は建設会社の建っていたところで、他ならぬ我が家もその会社から買ったのだが、バブル崩壊とともにあっさりと倒産してしまった。資材置き場なども兼ねていたので、かなり広大な敷地である。噂ではスーパーマーケットができるらしい。

その場所は交差点の一画なのだが、道はあまり広くないので、交通量が増えて大変なことになるような気がする。

|

« 平成十六年如月 八日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年如月 十日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十六年如月 八日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年如月 十日に詠める歌 »