« 平成十六年弥生 三十日に詠める歌 | トップページ | 平成十卯月一日に詠める歌 »

2004年3月31日

平成十六年弥生 三十一日に詠める歌

岸辺より水面に映る自らに見入るがごとく咲ける菜の花

==========================

040331w

今日は穏やかな一日である。家にこもって仕事をしているのがもったいないほどだ。

家の裏を流れる小川の川岸に今年も菜の花が咲いている。これから 4月 5月になると、どんどん増えて川岸が黄色に埋め尽くされる。

今のところは、川岸の一番端の日当たりのいいところに固まっているので、まるで川面に映る自分の姿をのぞき込んでいるようだ。水仙でなくても、ずいぶんナルシシズムを感じさせる光景である。

|

« 平成十六年弥生 三十日に詠める歌 | トップページ | 平成十卯月一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十六年弥生 三十日に詠める歌 | トップページ | 平成十卯月一日に詠める歌 »