« 平成十六年卯月 十四日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年卯月 十七日に詠める歌 »

2004年4月16日

平成十六年卯月 十六日に詠める歌

雀とは死なぬものとぞ思ひをりし何処に消えしかあの枯れ草も

==============================

040416w

裏の空き地は、雑草が勢いよく茂って、一面緑色になってしまった。

今のうちは、まだきれいだが、近々町内で一斉に草刈りをしないと、ヤブ蚊の巣窟になって、手に負えなくなってしまう。

つい先日までは、この空き地は枯れ草色でしかなかった。枯れ草は一体どこに行ったのだろう。

あの枯れ草の中に春の日差しと養分が取り入れられて、色が緑に変わったのだろうか? いや、草刈りをしてそのままにしておいたのもあるから、それだけではあるまい。

それでは、刈られた草はいつの間にか土に還ったのだろうか? 冬の間はずっと堆積されていたのに、春になると、その変化が速くなるのか?

周囲にあれだけたくさんいるスズメの死骸というのが、いっこうに目に入らないのと似ている気がする。 幼い頃は、スズメは死なないものと思っていたものだ。

|

« 平成十六年卯月 十四日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年卯月 十七日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十六年卯月 十四日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年卯月 十七日に詠める歌 »