« 平成十六年卯月 十七日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年卯月 十九日に詠める歌 »

2004年4月18日

平成十六年卯月 十八日に詠める歌

自転車を土手の斜面に寝かせつけ竿しならせる春の釣り人

============================

040418w

春の日曜日、明日から天気は下り坂という予報もあってか、近所の小貝側の土手には多くの人が繰り出して春の陽を浴びている。

自転車でやってきた人は、お約束のようにその自転車を土手の斜面に寝かせて川面の近くに降りる。

土手の上に立てておいては、車の通行のじゃまになるし、案外風が強いので、初めから寝かせておく方が安心だ。

風が強く、波もあるので、釣り人は竿をしならせて土手を行ったり来たりしている。それでいて、なかなか釣れているようには見えない。

|

« 平成十六年卯月 十七日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年卯月 十九日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十六年卯月 十七日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年卯月 十九日に詠める歌 »