« 平成十六年皐月 十八日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年皐月 二十日に詠める歌 »

2004年5月19日

平成十六年皐月 十九日に詠める歌

小男鹿 (さをしか) の入野至りし影 (かご) させばあめりかの夜ははや更けにけり

===================================

040519w

今、シカゴ時間で日付が変わり、19日になったばかり。夜が明けたらハードスケジュールで、歌を詠んでいる暇がないと思うので、夜中のうちに更新しておく。

今日の歌は、もろに言葉遊びである。「小男鹿 (さをしか) の」 は、「入野」 にかかる枕詞。「入野至りし影」 は、影を雅に 「かご」 と読んで、「イリノイ州シカゴに至った」 ということにさせていただく。

大平原の街、シカゴなので、「入野」 も 「小男鹿」 も縁語ということで。

写真は、ホテルの部屋から見下ろす、いかにもシカゴの裏通りらしい風景。

|

« 平成十六年皐月 十八日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年皐月 二十日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十六年皐月 十八日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年皐月 二十日に詠める歌 »