« 平成十六年水無月 二十一日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年水無月 二十三日に詠める歌 »

2004年6月22日

平成十六年水無月 二十二日に詠める歌

大きさも形も違 (たが) へるそれぞれの石重なりて城支へ来ぬ

===============================

040622w

昨日のお昼、熊本城を急ぎ足で見物した。

さすがに 「日本三名城」 のひとつというだけあって、立派なものだった。ちなみに、日本三名城というのは諸説あって、名古屋城、姫路城、大阪城、熊本城の四つが、それぞれ、「日本三名城のひとつ」 を名乗っているらしい。よくあるパターンだ。

熊本城の石垣は、山から石を切り出す際の技術がまだ完成されていない時期に作られたため、きれいに揃っていない。不ぞろいな石を積み重ね、透き間を小さな石で埋めている。

その不ぞろいさが、かえって印象に残った。

|

« 平成十六年水無月 二十一日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年水無月 二十三日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十六年水無月 二十一日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年水無月 二十三日に詠める歌 »