« 平成十六年水無月 十九日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年水無月 二十一日に詠める歌 »

2004年6月20日

平成十六年水無月 二十日に詠める歌

足早に流るる雲は低くして沖縄までも続きをりしか

=========================

040620w

昼過ぎに熊本に入るため、今、羽田に来ている。もうしばらくすると搭乗だ。

午後発の鹿児島空港行きはどうやらこうやらいうアナウンスがあるが、熊本行きはなんとか飛びそうだ。たった今、予定通りに搭乗できるというアナウンスがあった。

沖縄行きは、台風で着陸できない場合は、東京に引き返すと言っている。

熊本はぎりぎりセーフか。あとは、明日ゆっくりと台風をやり過ごして帰ってこれればいい。

|

« 平成十六年水無月 十九日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年水無月 二十一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成十六年水無月 十九日に詠める歌 | トップページ | 平成十六年水無月 二十一日に詠める歌 »