« 文月二十四日に詠める歌 | トップページ | 文月二十六日に詠める歌 »

2004年7月25日

文月二十五日に詠める歌

急く心が我と我が道塞ぎゐる高速道路のパラドックスよ

=========================

highway.jpg水戸方面に所用があって、朝早く常磐道を飛ばした。

日曜日とあって、海水浴場に向かう車が多く、交通量はかなり多い。急ぎたい車が次々に追い越し車線に殺到するので、その追い越し車線がノロノロになっている。

ちゃんと左をみれば、一番左の車線はガラガラなのに、誰もそこを通ろうとしないのが不思議なくらいだ。

結局、左側を走るのが一番速かった。

ちなみに、昨日のログで、私の歌のローカル・ルールで 「我」 は 「われ」 あるいは 「が」 と読むと書いたが、今回は成句のようなものなので、「われとわがみち」 と、普通に読んでいただきたい。

(参照)
高速道路のパラドックス
再び 「高速道路のパラドックス」

|

« 文月二十四日に詠める歌 | トップページ | 文月二十六日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月二十五日に詠める歌:

« 文月二十四日に詠める歌 | トップページ | 文月二十六日に詠める歌 »