« 文月二十九日に詠める歌 | トップページ | 文月三十一日に詠める歌 »

2004年7月30日

文月三十日に詠める歌

遙かなる海を行くてふ台風よ この地の色に黒味戻れり

==========================

Earth

台風はゆっくりと南海上を西に移動しているという。

おかげで、雨不足だった関東にまとまった雨が降った。我が家の裏の土手の色も、乾燥のあまり白っぽくなっていたのだが、水を吸って黒みを増した。これが本当の土の色というものである。

乾燥したおかげで、いくら日差しが強くても雑草が伸びなかったが、地面に水分が戻ったので、一斉に伸び始めるだろう。草刈りは重労働だが、草も生えないようでは困る。

|

« 文月二十九日に詠める歌 | トップページ | 文月三十一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月三十日に詠める歌:

« 文月二十九日に詠める歌 | トップページ | 文月三十一日に詠める歌 »