« 文月四日に詠める歌 | トップページ | 文月六日に詠める歌 »

2004年7月 5日

文月五日に詠める歌

ふるさとの往きと帰りにそれぞれの十割の蕎麦噛み締めにけり

================================

ichimatsu.jpg昨日、酒田からの帰りに月山越えから西川町に降りたところにある 「一松」 で、そば粉十割の別製盛りそば (大盛) を食した。

行きに蕎麦街道の 「あらきそば」、帰りに 「一松」 というのは、山形のゴールデンコースである。

典型的田舎蕎麦の 「あらきそば」 と、独特の洗練を加えた 「一松」 。それぞれの良さがあっていい。いずれにしても、「噛んで食べる」 蕎麦である。

今回の 「一松」 の蕎麦は、この季節になっても香りを失わず、大したものだった。

|

« 文月四日に詠める歌 | トップページ | 文月六日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月五日に詠める歌:

« 文月四日に詠める歌 | トップページ | 文月六日に詠める歌 »