« 葉月八日に詠める歌 | トップページ | 葉月十日に詠める歌 »

2004年8月 9日

葉月九日に詠める歌

金色の荘厳のもとこの我も本来 「仏」 であると知らさる

=========================

temple.jpg義母(妻の母) の十三回忌で仙台に来ている。本当の命日は旧盆の真っ最中なのだが、それではお寺が忙しすぎるので、法事は今日になった。

仙台も、今日は熱い。炎天下、金色の荘厳(しょうごん)の下、お経が流れる。多分、法華経普賢菩薩勸發品というお経だと思う。お経はさっぱりわからなかったが、白隠禅師座禅和讃というのはお馴染みだった。

衆生本来仏なり 水と氷のごとくにて 水を離れて氷なく 衆生の外に仏なし 衆生近きを知らずして 遠く求むるはかなさよ 例えば水の中に居て 渇を叫ぶがごときなり 長者の家の子となりて 貧理に迷うに異ならず

そうか、自分も本来 「仏」 であるはずだったか。

|

« 葉月八日に詠める歌 | トップページ | 葉月十日に詠める歌 »

コメント

takさん、こんばんは。
お義母さまの十三回忌だったのですね。
takさんの想い、きっと空まで届いたことでしょう。

私たちも仏・・・真理はいつでも、気付かないところに
ひっそりと息づいているのですね。
またtakさんに教えていただきました。
ありがとうございます。

投稿: 小野伊都子 | 2004年8月 9日 23時38分

本来 「仏」 であるはずなんですが、
その「本来相」がなかなか現れません ^^;)

投稿: tak | 2004年8月10日 06時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月九日に詠める歌:

« 葉月八日に詠める歌 | トップページ | 葉月十日に詠める歌 »