« 神無月二十三日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十五日に詠める歌 »

2004年10月24日

神無月二十四日に詠める歌

この空の彼方でなゐに眠られぬ夜を過ごせし人もありとは

==========================

bluesky.jpg昨日の地震は想像以上の被害になっているようだ。

本宅のコラムで、月の引力は潮の干満を引き起こすだけでなく、地震を起こす 「最後のひと押しになるらしいと書いたとたんに、この大地震が来たというのも、なんだか悲しい。そして、地震の起きた時刻が、新潟地方の干潮時刻とぴったり重なる17時56分だったというのも、驚きだ。

私は東京オリンピックの年に新潟地震に遭って、ちょっとトラウマ気味だった頃もあるような気がするので、地震にはかなり特別な思いがある。被災地の方々は本当に気の毒である。

今、所用で古河に向かっているが、こちらの天気はすがすがしい秋晴れである。この秋晴れの彼方に、地震で途方にくれた人がいると思うと、心が傷む。速やかに復旧作業が進むことを祈る。

(なゐ: 「地震」 の古語)

|

« 神無月二十三日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十五日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十四日に詠める歌:

« 神無月二十三日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十五日に詠める歌 »