« 神無月二十五日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十七日に詠める歌 »

2004年10月26日

神無月二十六日に詠める歌

夜更けにも電車は待てりそれぞれのプラットフォームで灯りともして

==============================

platform.jpg夕べは方々を廻って、帰りがすっかり遅くなってしまった。上野駅常磐線のプラットフォームで待つ電車は、それでも遅い帰宅の人でかなり混み合っていた。

多分、満員で座れないと思っていても、階段を駆け下りて一刻も早く空席を確保したいという人もいる。一方では、どうせ座れないものと、悠々と歩く人もいる。人それぞれである。それをカメラにおさめる私のようなものまでいる。

構内アナウンスでは、上越線方面は地震のため、越後湯沢より先には行けないと繰り返し放送している。復旧はいつになるのだろう。帰宅に使う路線が何事もなく動いて、ごく普通に日常の暮らしができることが、ありがたいことだと思われる。

一方で寒空に震えながら避難している人のことを思うと、何もしてあげられないことが悲しい。

|

« 神無月二十五日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十七日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十六日に詠める歌:

« 神無月二十五日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十七日に詠める歌 »