« 師走十日に詠める歌 | トップページ | 師走十二日に詠める歌 »

2004年12月11日

師走十一日に詠める歌

何故にかくも虚ろか旅先の土曜の朝の駅の雑踏

=======================

nagoya.jpg昨夜名古屋に止まり、今日の昼前の新幹線に乗って帰ってきた。天気は相変わらずの小春日和だ。

名古屋駅前は、土曜の朝と言うのに妙に人波があふれ、活気に満ちていた。最近、「中京地区の景気がいい」 といわれているが、なるほどと思った。駅前に高いクレーンが 2台並び、ひっきりなしに車と人が行き過ぎる。まるでバブル時代の東京駅前のようだ。

私はそそくさと新幹線ホームに急ぎ、東京方面行きに乗り込んだ。この雑踏が、何ゆえにこんなにも無関係に思えるのだろうかと、少々の驚きとともに。

|

« 師走十日に詠める歌 | トップページ | 師走十二日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走十一日に詠める歌:

« 師走十日に詠める歌 | トップページ | 師走十二日に詠める歌 »