« 師走二十八日に詠める歌 | トップページ | 師走三十日に詠める歌 »

2004年12月29日

師走二十九日に詠める歌

積もり行く雪坂東の色を消し故郷の冬のモノトーンなり

==========================

snow.jpg夜半から降り続いていた雨が、昼前からみぞれになり、ついに雪になった。

天気予報では、「茨城の多いところでは 10センチの積雪になる」 と言っている。ここが 「多いところ」 でなければいいのだが。県道は大丈夫だが、細い道に入るとシャーベット状の積雪になっていて、カーブの時などはちょっとスリップする。気を付けなければならない。

周りの景色はほとんどモノトーンと化して、田舎の冬景色のようになってしまった。

もう 5日早ければホワイト・クリスマスだったのだが、それだと、イブの帰宅の足が大混乱になっただろう。多くの企業が年末年始休暇に入ってからでよかった。

|

« 師走二十八日に詠める歌 | トップページ | 師走三十日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二十九日に詠める歌:

« 師走二十八日に詠める歌 | トップページ | 師走三十日に詠める歌 »