« 師走十五日に詠める歌 | トップページ | 師走十七日に詠める歌 »

2004年12月16日

師走十六日に詠める歌

対岸に木の影映し冬の陽は思ひがけなき赤さで沈む

==========================

sunset.jpg冬の日は短い。もうすぐ冬至だ。3時を過ぎるともう夕暮れを感じさせ、4時を過ぎればもう日が沈む。

冬の夕日は思いがけないほど赤い。小貝側の向こう岸の木の陰が、川を越えて映る。

冬は世界の喫水線が変わっている。夏の間は川底だった部分が広く露出され、車の走り回ったタイヤの跡が付いている。30年以上住んでも、関東の冬はまだ物珍しいところがある。

|

« 師走十五日に詠める歌 | トップページ | 師走十七日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走十六日に詠める歌:

« 師走十五日に詠める歌 | トップページ | 師走十七日に詠める歌 »