« 師走二十六日に詠める歌 | トップページ | 師走二十八日に詠める歌 »

2004年12月27日

師走二十七日に詠める歌

願わくはサニーサイドを我行かん日陰に残る今朝の薄霜

=============================

frost2.jpg昨日、夕方を過ぎてからはかなり冷え込んだような気がしていた。

夕べの 8時頃に車を出そうとしたら、フロントグラスに真っ白に霜が降りていたので、朝までにはかなりの霜になるだろうと思っていたが、目を覚ましてみるとそれほどではなく、ちょっと拍子抜けした。

それでも、日陰になって朝日に当たらない部分は、薄い霜が解け残っている。こんな日は、日向を歩きたい。

冬至は過ぎたが、寒さはこれからだ。

|

« 師走二十六日に詠める歌 | トップページ | 師走二十八日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二十七日に詠める歌:

« 師走二十六日に詠める歌 | トップページ | 師走二十八日に詠める歌 »