« 師走二十日に詠める歌 | トップページ | 師走二十二日に詠める歌 »

2004年12月21日

師走二十一日に詠める歌

天井のガラスに迫るクリスマスツリーは夜にこそ美しからむ

==========================

xmastree.jpg久しぶりに上野駅を素通りすることなく改札を出た。そこには大きなクリスマスツリーが飾られていた。上野駅もずいぶんお洒落になったものである。

もっとも、上野界隈に用があったわけではなく、そのまま地下鉄銀座線に乗ったのだが。

今日は冬至だそうだ。昼が一番短い日だから、明日からは夜明けが早くなるのかというと、実はそうではないらしい。地軸の傾きだかなんだかのせいで、しばらくは夜明けは遅くなり続け、その代わり、日の入りがそれ以上に遅くなるので、結果的に昼が長くなっていくと聞いた。

暗くなるのがあまり早すぎると、なんだかさびしいので、日の入りが遅くなるのはありがたい。しかし、半透明ガラスの天井に届きそうなクリスマスツリーは、夜にこそもっと美しく見えるだろう。

|

« 師走二十日に詠める歌 | トップページ | 師走二十二日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二十一日に詠める歌:

« 師走二十日に詠める歌 | トップページ | 師走二十二日に詠める歌 »