« 睦月十八日に詠める歌 | トップページ | 睦月二十日に詠める歌 »

2005年1月19日

睦月十九日に詠める歌

ネオン越しに少しく青み残りたる冬空を背に駅へと向かふ

==========================

twilight.jpg日が長くなってきた。当時の頃は 4時を過ぎれば暗くなっていたが、今は 5時を過ぎても空に青みが残っている。

外出して夕方に帰宅するとき、空が明るいか暗いかというのは、気分的な影響が案外大きい。駅に向かう空がとっぷり暮れているよりは、いくらかなりとも明るさが残っている方が気分がいい。

これからどんどん日が長くなる。

|

« 睦月十八日に詠める歌 | トップページ | 睦月二十日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月十九日に詠める歌:

« 睦月十八日に詠める歌 | トップページ | 睦月二十日に詠める歌 »