« 睦月二十五日に詠める歌 | トップページ | 睦月二十七日に詠める歌 »

2005年1月26日

睦月二十六日に詠める歌

早朝の散歩の犬も大人しくただ行き過ぐる淡雪なりき

==========================

dog.jpg"目を覚ますと雪だった。道路に降った雪はすぐに解けてしまうのだが、裏の田んぼや土手は白くなっている。

昼過ぎには晴れると天気予報で言っていても、朝の犬の散歩は欠かせない。土手の上を何人もの人が犬を連れて通り過ぎる。

犬もこれしきの雪ではあまり浮かれることもなく、おとなしく淡々と散歩している。

昼過ぎには土手の雪もあっという間に解けてしまった。なんだか惜しいような気もした。

|

« 睦月二十五日に詠める歌 | トップページ | 睦月二十七日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月二十六日に詠める歌:

« 睦月二十五日に詠める歌 | トップページ | 睦月二十七日に詠める歌 »