« 睦月十日に詠める歌 | トップページ | 睦月十二日に詠める歌 »

2005年1月11日

睦月十一日に詠める歌

霜白くフロントガラスを覆ひをり解けてなほまた凍りつく朝

============================

carfrost.jpg今日から末娘の高校の新学期。駅まで来るまで送った。

今朝はこの冬一番の冷え込みだったそうだ。車のガラス窓にびっしりと霜が降りて、前が全然見えない。風呂の残り湯をかけて解かしたが、その水分がまたすぐに凍る。こんなことはこの冬で初めてである。日が昇っても気温が氷点下ということだ。

再び凍った部分を、今度は解氷スプレーで解かしながら、なんとか大通りに出た。この道は南東方向に進むので、朝日があたって、解け残った部分の氷が見る間に消えていく。

三連休で 「ごとう日」 が今日にずれ込み、駅までの道は湯気を立てながら進む車で、かなりの渋滞だった。

|

« 睦月十日に詠める歌 | トップページ | 睦月十二日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月十一日に詠める歌:

« 睦月十日に詠める歌 | トップページ | 睦月十二日に詠める歌 »