« 如月六日に詠める歌 | トップページ | 如月八日に詠める歌 »

2005年2月 7日

如月七日に詠める歌

行きたしと思へど手よりすり抜けて京への旅はけふも届かず

=============================

小田原.jpg"今日は岐阜に出張。今日中に帰れるかどうかわからなかったが、スムーズに進んで帰りの新幹線に乗ることができた。

行きの新幹線の指定席は 1番の E という席で、要するに一番前の端だった。目の前の壁に、「そうだ 京都、行こう」のキャンペーン・ポスターが貼ってある。龍安寺鏡容池の景色だ。

そういえば、だいぶ京都に行っていない。昨年の夏に仕事で出かけたが、あわただしい日帰りで、どこも見られなかった。久しぶりに、京都に行ってみたくなった。

仕事を終えて岐阜から名古屋駅に着き、ふと逆方向の新幹線に乗って京都で降りてみようかという気になりかけたが、仕事のことを思うとそうも行かず、結局東京行きに乗ってしまった。これでまた、しばらく京都はお預けだ。

写真は小田原付近から箱根ターンパイクを望む辺りである。

|

« 如月六日に詠める歌 | トップページ | 如月八日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月七日に詠める歌:

« 如月六日に詠める歌 | トップページ | 如月八日に詠める歌 »