« 如月十九日に詠める歌 | トップページ | 如月二十一日に詠める歌 »

2005年2月20日

如月二十日に詠める歌

遅咲きといへど色にぞ出で来たる蕾の内の梅なる証し

============================

200502_20210701101801

昨日来の雨は上がったが、空はどんよりしたままで、風も冷たい。

とは言いながら、近所の庭ではあちこちで梅が咲いている。紅梅、白梅と、なかなか鮮やかだ。

翻って、我が家の庭の梅を見ると、まだ丸裸である。とても遅咲きの梅で、毎年桜の咲く頃にようやく花が咲く。しかし、よく近づいてみると、枝にいくつもの蕾が付いていて、その先がややピンク色に変わってきているのがわかる。

もう少しのように思えるが、毎年、この状態になってからがずいぶん長く待たされる。今年も長期戦だ。

|

« 如月十九日に詠める歌 | トップページ | 如月二十一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十日に詠める歌:

« 如月十九日に詠める歌 | トップページ | 如月二十一日に詠める歌 »