« 如月二十三日に詠める歌 | トップページ | 如月二十五日に詠める歌 »

2005年2月24日

如月二十四日に詠める歌

巨大なる凸面鏡に捕らはれし我を率ゐるタンクローリー

============================

タンクローリー.jpg春一番の吹いた昨日とはうって変わって、真冬のような一日だった。夜半には雪が降るかも知れないという。

昼頃、所用で竜ヶ崎まで出かけると、大きなタンクローリーの直ぐ後ろをしばらく走る巡り合わせになった。その車のタンクの後面はよく磨かれて、巨大なる凸面鏡になっていて、後ろの景色をはっきりと映し出す。

前方に後ろの世界を映し出す巨大な鏡があるというのは、不思議なものである。映っているのは、直後についた自分の車が中心の景色である。

異次元の円形の中のもう一つの世界で、自分はどうしようもなく操られているような錯覚になる。

|

« 如月二十三日に詠める歌 | トップページ | 如月二十五日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十四日に詠める歌:

« 如月二十三日に詠める歌 | トップページ | 如月二十五日に詠める歌 »