« 如月二十四日に詠める歌 | トップページ | 如月二十六日に詠める歌 »

2005年2月25日

如月二十五日に詠める歌

雪の土手犬の足跡をちこちに跳べるを追ひし人の靴跡

===========================

雪上の足跡昨夜降り始めた雨が、夜半に雪に変わったことはわかっていたが、朝目覚めると、うっすらと積もっていたのには驚いた。

我が家の裏の土手は見事に真っ白だったが、朝に犬を連れて散歩をする人が結構いて、踏まれたところからだんだんと解け始めた。

人間の足跡は靴底の形をそのまま残して長細いが、犬の足跡は丸い。そして、人間の足跡は一定方向に向かっているが、犬の足跡はあちこちに寄り道している。

犬たちには、雪がよほど嬉しかったのだろう。

|

« 如月二十四日に詠める歌 | トップページ | 如月二十六日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十五日に詠める歌:

« 如月二十四日に詠める歌 | トップページ | 如月二十六日に詠める歌 »