« 如月二十七日に詠める歌 | トップページ | 弥生一日に詠める歌 »

2005年2月28日

如月二十八日に詠める歌

明け方のホテルの窓の隙間より隣のビルの壁のしみ見ゆ

============================

ホテル.jpg昨夜から都内のホテルに泊り込んでいる。今朝一番に出発して会議に出なければならない。

一晩中の暖房でむっとするほど暑いので、窓をあけてみると、さすが都心のホテルである。隣のビルの壁しか見えない。

通りを走る車の音だけはビルとビルの間を何度も反射して、一続きのゴーっという音になって聞こえている。時々、バイクと大型トラックらしい音が重なって聞こえる。

こうした環境で毎日暮らしたら、体の構造が変わってしまいそうだ。

|

« 如月二十七日に詠める歌 | トップページ | 弥生一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十八日に詠める歌:

« 如月二十七日に詠める歌 | トップページ | 弥生一日に詠める歌 »