« 弥生二十九日に詠める歌 | トップページ | 弥生三十一日に詠める歌 »

2005年3月30日

弥生三十日に詠める歌

北風の日暮れて凪げば街灯の白き光で深呼吸をす

==========================

050330

今日こそ春らしい一日になるかと思ったが、思いの外北風が強く、肌寒い一日だった。

東京の桜はなかなか咲かないらしい。彼岸を過ぎて冷えてしまったので、戸惑っているのだろうか。

しかし、肌寒いとはいえ、やはり春である。時折、無性に眠くなってしまい、気付いてみるとパソコンの前で居眠りしていたりする。

午後遅くまでデスクワーク、夕刻にホームセンターで、駐車場用の敷石を買う。時間はあっという間に経ち、いつの間にか日が暮れてしまった。日が暮れて風が止んだので、かえって暖かいような気がする。

今日の写真を撮りそびれている間に夜になってしまったので、街灯を取るぐらいしか手がなかったのである。

|

« 弥生二十九日に詠める歌 | トップページ | 弥生三十一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生三十日に詠める歌:

« 弥生二十九日に詠める歌 | トップページ | 弥生三十一日に詠める歌 »