« 弥生十三日に詠める歌 | トップページ | 弥生十五日に詠める歌 »

2005年3月14日

弥生十四日に詠める歌

木は育ち筑波嶺隠しさらに育ち下枝越しに山は現はる

==========================

木に隠れた筑波山22年前にここに越してきた頃は、我が家の階段の踊り場の窓から、筑波山が綺麗に見えたはずなのだが、それが見えなくなって久しい。

いつの間にか見えなくなったので、どうしてそうなったのか、あまり気にとめることもなかったが、今日、初めてそのわけがわかった。

我が家と筑波山を結ぶ直線上にあった欅の木が大きく育ち、筑波山を隠していたのだ。天気がよくて見通しのいい日ばかりではないので、ずいぶん長い間、それに気付かなかったのだ。

木が高く育って、枝の広がりの部分が筑波山より上に重なるようになったので、ようやくそれと気付くようになったのだろう。それで、今日のような日は、よく注意してみると木の下枝を通して山の姿が見える。それでも、夏になって葉が生い茂ったら、見えにくくなってしまいそうだ。

22年という月日は、あっという間のようだが、十分に長かったわけだ。

|

« 弥生十三日に詠める歌 | トップページ | 弥生十五日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生十四日に詠める歌:

« 弥生十三日に詠める歌 | トップページ | 弥生十五日に詠める歌 »