« 弥生十四日に詠める歌 | トップページ | 弥生十六日に詠める歌 »

2005年3月15日

弥生十五日に詠める歌

幼な児の歩みの後に言ひ難き間合いを保ち母は見守る

==========================

親子ようやく確定申告書類を仕上げて、今朝、税務署に提出してきた。

朝の込まないうちに行こうと思っていたのだが、土浦税務署に向かうつくば学園都市の道が、お約束の年度末工事で大渋滞になっており、遅くなってしまった。それでも、記入は自宅できっちりと仕上げていたので、封筒に入れて提出さえすればいいということで、それほど時間は取られなかった。

帰り道、学園都市にできたショッピングセンターで食事とお茶。久しぶりに、ゆったりとした気分になった。ショッピングセンターには、親子連れが多い。この街は、茨城県内では珍しく年齢構成が若いような気がする。あまり老人の姿をみない。

小さな子供連れの姿を見ると、我が家にもあんな時代があったと思い出される。自分たちのああした姿を思い出すことができるというのは、幸せなことだと思う。

|

« 弥生十四日に詠める歌 | トップページ | 弥生十六日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生十五日に詠める歌:

« 弥生十四日に詠める歌 | トップページ | 弥生十六日に詠める歌 »