« 弥生九日に詠める歌 | トップページ | 弥生十一日に詠める歌 »

2005年3月10日

弥生十日に詠める歌

花の名のわからざるこそ悲しけれ光を透かす薄き花弁よ

==========================

050310

今月一日に末娘が高校の卒業記念にもらってきた花が、まだ綺麗に咲いている。

いくつかの花瓶に分けて挿してあるのだが、玄関先においたものが一番色鮮やかだ。窓際なので、逆光になり、花びらが透けて見える。

花の名前には、まったく不案内である。大きめの黄色と薄紅色のはバラだと思うが、何しろ典型的な薔薇色ではないので、多分そうだろうと思うだけだ。小さなピンクの花は、何だろう? これがフリージアというものだろうか? まったく自信がない。

植物の名前がすぐに出てくるようだと、俳句もいけるかもしれないのに。

|

« 弥生九日に詠める歌 | トップページ | 弥生十一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生十日に詠める歌:

« 弥生九日に詠める歌 | トップページ | 弥生十一日に詠める歌 »