« 卯月十一日に詠める歌 | トップページ | 卯月十三日に詠める歌 »

2005年4月12日

卯月十二日に詠める歌

車庫入れをする間も花は散り続け一枚 (ひとひら) のみの舞ひ来たりけり

=============================

050412

桜が散り始めている。急に寒くなってしまったので、思ったより長くもっているが、それでも、道路を花びらがびっしりと埋めているところもある。

車で駅近くに借りている駐車場に着き、バックで自分の区画に入れ終えて、気づいたら、フロントガラスに桜の花びらが一枚くっついていた。

写真を撮って車から降りたときには、もっと多くの花びらが付いていたが、それでも、今日の画像は最初の一枚にしておこう。

|

« 卯月十一日に詠める歌 | トップページ | 卯月十三日に詠める歌 »

コメント

ひと目見て、「あっ!この写真好き♪」って思いました(^^♪素敵な一枚ですね。

takさんのデジカメって、抜けの良い写真が多いように思います。ドコのデジカメでしたっけ?花散らしの雨でしたね~~~ああ~ドコかに行きたい昼下がりです、仕事しょ(涙)

投稿: 風花萌野 | 2005年4月13日 12時50分

誉めていただいて、ありがとうございます。

デジカメは、CASIO の Exsilim です。320万画素のモデル。

こちらは、雨風が強かった割には、散り始めてはいるけれど、花は結構もっているようです。急に寒くなったので、枝にしがみついているのかな?

今日は私も、明日の出張を控えて机に向かいっぱなしです。^^;)

投稿: tak | 2005年4月13日 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月十二日に詠める歌:

« 卯月十一日に詠める歌 | トップページ | 卯月十三日に詠める歌 »