« 卯月三十日に詠める歌 | トップページ | 皐月二日に詠める歌 »

2005年5月 1日

皐月一日に詠める歌

田の面 (おも) に水を湛へて敷島の地は大いなる鏡ともなり

=============================

050501

この時期の田の風景が好きだ。水を湛えて周囲の光景を映し出す鏡になっている。

日本中の大地のかなりの部分が、鏡と化しているのだ。

大地が鏡と化して、その上の生きとし生けるものを映し出しているというのは、なかなか壮大なものである。

田植えが終わると、緑の苗が等間隔に立ち、水面に映った景色に、薄緑のフィルターがかかったように見える。

|

« 卯月三十日に詠める歌 | トップページ | 皐月二日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月一日に詠める歌:

« 卯月三十日に詠める歌 | トップページ | 皐月二日に詠める歌 »