« 水無月七日に詠める歌 | トップページ | 水無月九日に詠める歌 »

2005年6月 8日

水無月八日に詠める歌

長き日の帰り道こそ楽しけれ利根川越しに日はまだ高し

============================

050608

鹿島の近くで半日の仕事を終え、利根川沿いの道を筑波方面に戻る。

堤防に沿った道は信号がほとんどないので、快調に飛ばせる。1時間余りで取手にほど近くなった。

夏至が近いので、日が長い。夕方 6時になっても、利根川の対岸に日は高い。ようやく車のフロントガラス越しにまぶしく感じ始めて、サングラスをかける。

川面に反射して、細波が輝いている。

|

« 水無月七日に詠める歌 | トップページ | 水無月九日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月八日に詠める歌:

« 水無月七日に詠める歌 | トップページ | 水無月九日に詠める歌 »