« 水無月一日に詠める歌 | トップページ | 水無月三日に詠める歌 »

2005年6月 2日

水無月二日に詠める歌

人の手を離れてもなほをちこちに咲き香りゐる薄紅葵

==========================

昨日に続いて、梅雨のような天気だ。

気象庁も早く梅雨入り宣言しないと、また時期を失ってうやむやになってしまうのではないかと、余計な心配までしてしまう。

我が家の玄関先にマーロウの花が咲いている。妻が以前に庭に植えたのが、あちこちに種が飛んだらしい。

「もう、放っておいてるんだけど、毎年あちこちに咲いてくれるの」

ずいぶん生命力が強い。放っておけばますます増えそうだ。

マーロウは、ハーブティーにすると喘息などに効き目があると言われているが、我が家は幸いなことに喘息持ちがいないので、ただ花を眺めるだけである。日本名は薄紅葵というらしい。

|

« 水無月一日に詠める歌 | トップページ | 水無月三日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月二日に詠める歌:

« 水無月一日に詠める歌 | トップページ | 水無月三日に詠める歌 »