« 文月十五日に詠める歌 | トップページ | 文月十七日に詠める歌 »

2005年7月16日

文月十六日に詠める歌

夕べには萎み再び開くことなき木槿なる故の妖しさ

=========================

050716

昼過ぎから日射しが出てきて、相変わらずの蒸し暑さだ。

裏の土手を散歩すると、いろいろの花が咲いているのだが、風流心がないので、名前がわからない。近頃はなるべく調べるように心がけてはいるが、調べきれないものも多い。

とくに芙蓉 (フヨウ) と木槿 (ムクゲ) は区別しにくい。同じアオイ科に属するというのだが、アオイとは区別できても、フヨウとムクゲは、同じに見えてしまう。

どちらも朝に咲いて夕には萎んでしまうのだが、次々に新しい花が咲いて、長い間目を楽しませてくれる。しかし、一つ一つの花は一日の命ゆえの妖しさを秘めている。

この写真はムクゲだと思うのだが、自信はない。我が家の裏手には白いムクゲが咲いていて、それもフヨウではないという確証はない。

|

« 文月十五日に詠める歌 | トップページ | 文月十七日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月十六日に詠める歌:

« 文月十五日に詠める歌 | トップページ | 文月十七日に詠める歌 »