« 文月八日に詠める歌 | トップページ | 文月十日に詠める歌 »

2005年7月 9日

文月九日に詠める歌

鮮やかに咲く花はその鮮やかなる命預けり丹精の人に

==========================

050709

昨日は上天気だったが、今日は朝からポツポツと雨が降っている。天気予報では、夜には大雨になるかもしれないという。

梅雨空の下で、近所のプランターにきれいな花が咲いている。

鮮やかな赤と白の花。人工の自然の色。人間の丹精がなければ維持できない色である。

花は人に命を預けているわけだから、人もそれに応えて丹精するわけだ。なるほどね。

|

« 文月八日に詠める歌 | トップページ | 文月十日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月九日に詠める歌:

« 文月八日に詠める歌 | トップページ | 文月十日に詠める歌 »