« 文月五日に詠める歌 | トップページ | 文月七日に詠める歌 »

2005年7月 6日

文月六日に詠める歌

散歩道脚下の罅 (ひび) の奥底に別世界あり虫はそを知る

=============================

050706

我が家の裏を流れる小川の土手の道を散歩すると、途中に簡易舗装してあるところがある。

簡易舗装だけに、ひびのはいったところから草が生えたりしている。割れ目の広がったところは、よくみると案外深い穴になっている。

この穴から、多くの虫が出入りしている。奥には我々のあずかり知らない世界が広がっているようなのだ。

中でごそごそうごめくものがあるので、覗いていると、ムカデが顔を出した。ちょうどその時、ダンゴムシが穴に入ろうとして鉢合わせしそうになった。

虫たちの世界もいろいろあって大変そうだ。

|

« 文月五日に詠める歌 | トップページ | 文月七日に詠める歌 »

コメント

あっ!ナンやこの「お写真」もポストカードにして欲しい気がします(=^・^=)凄く綺麗な青い発色ですね、朝早くに撮らはったんかな?ええ感じやなぁ。って、思う私は変?(爆)

今月のお薦めに紹介してくれはって、ホンマに嬉しく思ってマス。楽天さんは夏休みが近くなるとお子チャまが増えるので(汗)夏の間は毎年力が入らない(笑)ので、「むしやしない」を紹介してくれはったのホンマに有り難いですm(__)mおおきに。。。

投稿: 風花萌野 | 2005年7月 7日 11時06分

朝早くではないんですが、
ちょっと画像処理ソフトでいじって、青みを強くしてみました。

ちょっと見ただけでは、何だかわからないかもしれませんね。
簡易舗装ってのも、拡大すると案外きれいなものです。
虫さんは、ちょっと見とれてしまいました。
(「むしやしない」 ならぬ、「むしみとれ」)

投稿: tak | 2005年7月 7日 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月六日に詠める歌:

« 文月五日に詠める歌 | トップページ | 文月七日に詠める歌 »