« 葉月二十八日に詠める歌 | トップページ | 葉月三十日に詠める歌 »

2005年8月29日

葉月二十九日に詠める歌

秋空に達せんとしてスーパーマン電線の隙に身をよじるらむ

============================

改めて見上げると、日本の空は電線だらけだ。

それは市街地だけではない。我が住まいする郊外の田園地帯でも同じである。

子どもの頃、自分がスーパーマンになって空を飛ぶのを夢想した。しかし、見上げると空は電線がびっしりと張り巡らされている。

これにひっかからないように飛び上がるのは、なかなか大変だと思ったものだ。

今日も汗がしたたり落ちる暑さだが、電線の彼方の空は、もはや秋の空の色に近い。

|

« 葉月二十八日に詠める歌 | トップページ | 葉月三十日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月二十九日に詠める歌:

« 葉月二十八日に詠める歌 | トップページ | 葉月三十日に詠める歌 »