« 長月九日に詠める歌 | トップページ | 長月十一日に詠める歌 »

2005年9月10日

長月十日に詠める歌

稲刈りを 「いなかり」 と読む故郷の黄金色なる穂は垂れるらむ

=============================

近所の田んぼでは、稲刈りが進んでいる。朝からコンバインの音が風に乗って、低くとぎれとぎれに響く。

田んぼが見る間に黄土色の刈田に変わっていく。

ところで、「稲刈り」 は、私の田舎では 「いなかり」 (より正確には 「いながり」 と訛るのだが) と読む。しかし、パソコンで 「稲刈り」 と入力するには、「いなかり」 では変換が効かない。

パソコンを使うようになって、初めて共通語の読みが 「いねかり」 であることを知った。

ちなみに、共通語では、「いねかり」 の 「ね」 にアクセントを置くようだが、「いながり」 のアクセントは 「が」 にある。

なんだか、「いながり」 で収穫した米の方が美味しそうに思える。庄内の田も、黄金色の穂が重く垂れて、そろそろ 「いながり」 が始まるだろう。

|

« 長月九日に詠める歌 | トップページ | 長月十一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月十日に詠める歌:

« 長月九日に詠める歌 | トップページ | 長月十一日に詠める歌 »