« 神無月十七日に詠める歌 | トップページ | 神無月十九日に詠める歌 »

2005年10月18日

神無月十八日に詠める歌

秋雨の止み間に鳥は鳴き来たり木に戻りてはまた降り始む

============================

台風はだんだんと近づいてきているが、なんとか東の方にずれてくれそうだ。

しばらくまともな雨が降り続いたので、裏の小川は水量が増えている。夏の間に土手に生えた草の下の方は、流れの下に没している。

ここに引っ越してきた頃は、この程度の雨が降り続くと、道路冠水などの被害が出ていたが、最近は小貝川の合流地点のポンプ能力がアップしたのと、遊水池ができたおかげで、何の心配もなくなった。ありがたいことである。

明日は台風の接近でもう一度雨が降るらしい。秋晴れは明後日からか。

|

« 神無月十七日に詠める歌 | トップページ | 神無月十九日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十八日に詠める歌:

« 神無月十七日に詠める歌 | トップページ | 神無月十九日に詠める歌 »