« 神無月五日に詠める歌 | トップページ | 神無月七日に詠める歌 »

2005年10月 6日

神無月六日に詠める歌

先ず憂ひ後に取り置く楽しみの余慶の園をそぞろ歩きぬ

===========================

岡山は昨日とは打って変わった上天気。予報では、最高気温は 29度になるという。夏の暑さだ。

昼前に後楽園に行ってみた。

そぼ降る雨の中の後楽園散策もいいかと思っていたが、池に青空が映り、緑の芝が華やかな日の訪問となった。

曲水を配したすっきりとした庭園である。

真ん中辺りに、休憩所の中に曲水の流れを配した 「流店」 というものがある。藩主が庭園散策の際に、足を浸して涼をとったという。これ、いいなあ、私も欲しい。無理だが。

で、後楽園のサービス画像。(下から 2番目が、 「流店」)











|

« 神無月五日に詠める歌 | トップページ | 神無月七日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月六日に詠める歌:

« 神無月五日に詠める歌 | トップページ | 神無月七日に詠める歌 »