« 神無月十五日に詠める歌 | トップページ | 神無月十七日に詠める歌 »

2005年10月16日

神無月十六日に詠める歌

無としたき心は既に無きものをただかりそめに花香りをり

===========================

般若心経では、「色即是空、空即是色」 と説く。形に現れたるものは、空であり、空であるからこそ、形として示されることもある。

要するに 「こだわるな」 ということなのだが、ついこだわってしまうこともある。

心を無にしたいと思って努力しても、既に無いものに 「無」 のレッテルを貼ろうとしても、無駄な努力だ。「心」 をつかまえることなどできないのだから。

「宇宙 (コスモス)」 という名の花は曇り空の下で咲いている。なるほど、宇宙は 「空」 であるからこそ、このような美しさとして示されることもあるわけだ。

|

« 神無月十五日に詠める歌 | トップページ | 神無月十七日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十六日に詠める歌:

« 神無月十五日に詠める歌 | トップページ | 神無月十七日に詠める歌 »