« 神無月二十一日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十三日に詠める歌 »

2005年10月22日

神無月二十二日に詠める歌

秋風の凪ぎて夕霧立つ中をテールランプは赤く去りゆく

==========================

秋が深まると、一日があっという間に暮れる気がする。

雨が降ったり止んだりで、夕方から晴れかかる時にも、夕霧はかかる。田んぼの遠くの国道を行き交う車の列もおぼろだ。

夕刻にこれくらいの霧がかかると、もしかして明日の明け方は濃霧になるかもしれない。

明日は朝から水戸方面に出かける用があるのだが、高速道路は大丈夫だろうか。

今、夜の 10時 13分。震度 3ぐらいの地震があった。近頃地震も多い。いろいろなことがある。

|

« 神無月二十一日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十三日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十二日に詠める歌:

« 神無月二十一日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十三日に詠める歌 »