« 神無月二十九日に詠める歌 | トップページ | 神無月三十一日に詠める歌 »

2005年10月30日

神無月三十日に詠める歌

神無月三十日の夜のアスファルト 「止まれ」 の三文字大きく光る

==============================

土曜も日曜もなく、近頃はバタバタかけずり回っているうちに、神無月も三十日になった。

今日は帰りが夜遅くになって、もう少しで和歌を詠まずに終わりそうなところだった。

帰りに近所のスーパーに寄って、そば焼酎を買った。

駐車場は夜遅くになっても何台か車が停まっている。こんな田舎町でも、だんだんと都会化して夜行性の人間が増えてきている。

駐車場の車が交差するところに大きく 「止まれ」 の字が書いてあるのが、何かを象徴するようで印象的だ。

|

« 神無月二十九日に詠める歌 | トップページ | 神無月三十一日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月三十日に詠める歌:

« 神無月二十九日に詠める歌 | トップページ | 神無月三十一日に詠める歌 »