« 神無月二十八日に詠める歌 | トップページ | 神無月三十日に詠める歌 »

2005年10月29日

神無月二十九日に詠める歌

線香の煙は土曜の人波の髪の隙より虚空に昇る

=========================

朝から神田に行った。用件はすぐに済んだので、その足で神田明神に。

来年は戌年なので、年賀状に使う狛犬の画像を集めている。神田明神の狛犬はなかなか立派なもので、何枚も写真に収めた。

うまいそばを食いたくなったので、そこから歩いて秋葉原に下り、つくばエクスプレスで浅草に出た。この新線の浅草駅は、エスカレーターを昇って地上に出ると、六区のど真ん中近くに出る。地下鉄銀座線の浅草駅とはかなり趣が違う。

伝法院通りを通って仲見世に抜け、まずは浅草寺を参拝。今日は神社仏閣づいている。

土曜日だけあって、かなりの混雑だ。相変わらず、線香の煙を頭に摺りこむ参拝客が多い。みんな、とりあえず頭が良くなりたいようだ。

参拝後にUターンして、久しぶりで並木の藪に行く。浅草に来ると、やはりここになる。

二時近い時分だったが、かなり混んでいて、私が入ってからしばらくすると、外に行列ができ始めたようだ。あまりゆっくりしてもいられない雰囲気なので、ざる二枚に、いつもの超辛口つゆをちょっとだけつけてすすりこみ、早々に引き上る。

夕方からは雨だというので、さっさと家に帰ろう。

|

« 神無月二十八日に詠める歌 | トップページ | 神無月三十日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十九日に詠める歌:

« 神無月二十八日に詠める歌 | トップページ | 神無月三十日に詠める歌 »