« 神無月十三日に詠める歌 | トップページ | 神無月十五日に詠める歌 »

2005年10月14日

神無月十四日に詠める歌

遙かなる海に野分はあるといふ僅かな風に薄揺れゐて

==========================

予報では雨が降るはずだったが、降らずに暮れた。東京都内では 最高気温 26度の真夏日となったらしい。筑波の里も少し蒸し暑かった。

国民年金と国民健康保険の払い込みに出たのが、3時少し前。銀行も JA もタッチの差で店仕舞いしていて、郵便局と町役場 (市役所じゃない) に行かなければならなかった。

国民年金の窓口は町役場、健康保険は郵便局なのだという。えらい手間がかかった。

写真は、帰りがけに北方向の空を取ったもの。南の方角は、すっかり厚い雲に覆われていたが、北はそれほどでもない。動きの襲い台風で、週末の天気はぐずつきそうだ。

|

« 神無月十三日に詠める歌 | トップページ | 神無月十五日に詠める歌 »

コメント

このお歌とても好きです。

継続の力が歌の質を高め,無理なく詠まれていると感じています。

子育て支援のつれづれに時々拝読し,日本語を忘れないよう努めていました。
物の見方考え方に深く共感しつつ,三十一音に切り取られた世界に新しい命が
与えられていくさまに引き込まれています。

これからもずっと続けて楽しませてくださいませ。

投稿: 岩姫 | 2005年10月20日 08時21分

岩姫さん

ドイツでも読んでくださっていたとは、ありがとうございます。
でも、考えてみれば、インターネットですから、驚くことではありませんね。
私もドイツで詠まれた歌を拝見できていたわけですし。

異国の風土が、ごく自然に三十一文字に表現されるのが、静かなダイナミズムみたいに感じていました。

当方としては、継続のうちに、ほんのたまにまともな歌が詠めるのが、自分でも楽しみになっています。

投稿: tak | 2005年10月20日 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十四日に詠める歌:

« 神無月十三日に詠める歌 | トップページ | 神無月十五日に詠める歌 »